肌のハリ、たるみを即効で回復させるなら美容皮膚科!

「毎日の基礎化粧品のケアでは、肌のハリを回復するまで時間がかかるので、即効性のあるものがいい!」

そう考えているのなら、美容皮膚科などでの治療しかありません。

美容皮膚科では数種類の治療方法が用意されていますので、ひとつづつご紹介していきます。

美容皮膚科

肌のハリは美容皮膚科で回復!

まず、治療メニューに「たるみ治療」「シワ治療」がある美容皮膚科を選ぶのは当然として、その内容がどのようなものか知っておきましょう。

ケミカルピーリング

  • サリチル酸マクロゴールを使ってピーリングすることで、肌のターンオーバーを促進し、しわ、たるみを改善させる施術です。
  • 角質層のみに反応するので、肌表面に負担がかからず赤みなども起きません。敏感肌でも安心して受けることができます。
  • サリチル酸の刺激によって、コラーゲンの産生がアップします。

注射

注射の種類

注射の方法もいくつかあります。

矢印 ニードル:マジックニードル、エンジェニードル、スタンプニードルなどがあります
矢印 ナパージュ法:手打ちで皮膚の表面にちょんちょんと打ちます
矢印 水光注射:Vital injectorというマシンで皮膚の表面に打ちます
矢印 皮下注射・筋肉注射:腕などに打ちます

美容注射

美容成分の種類

注射によって皮膚に注入する美容成分もさまざまです。

ヒアルロン酸注射

種類 「レスチレン パーレーン」「テオシアル」「エランセ」「スタイレージ」「ビタールライト」「リデンシティ2」「ジュビダーム」など
即効性 高い
痛み ほとんどなし
ダウンタイム ほとんどなし
備考 ジュビダームビスタは欧州CEの認証と米国FDAの許可を受け、日本の厚生労働省認可のヒアルロン酸です。効果が1年持続します。

プラセンタ注射

種類 「メルスモン」「ラエンネック」
効果の持続 3~8ヶ月程度
施術回数 週1回ペースで複数回が必要
備考 肌のハリを担うコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする成分を直接肌(皮下)に注入するので、経口摂取よりも即効性のある治療です。

レディエッセ

特徴 安全性に優れている「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分。ゴルゴ線解消に向いている。
効果の持続 8ヶ月~2年程度
備考 吸収されない

ベビーコラーゲン

種類 ヒューマラジェン
効果の持続 6~18ヶ月程度
特徴 青みがかって見えるチンダル現象を起こしません
備考 肌を構成しているⅠ型・Ⅲ型コラーゲンが同量配合されたヒト由来コラーゲン注入剤です。小じわ改善に向いています

ボトックス

種類 「ボトックスビスタ」など
痛み ほとんどなし
ダウンタイム ほとんどなし
備考 筋肉の動きを鈍くするボトックス薬を皮膚に注入しリフトアップ

エンドピール

種類 フェノールという医薬品を使用
効果の持続 約2ヶ月
施術回数 3ヶ月に1回ペースで複数回が必要
ダウンタイム 数日~1週間
特徴 ターンオーバーを促進させるので肌質もアップ
備考 広い範囲に注射するため、麻酔が必要

たるみとり手術

たるみとり手術

ファイスリフト

内容 髪の生え際、耳の上のこめかみ~耳たぶの下を切開して皮膚、筋肉、筋膜(SMS)をリフトアップします
種類 SMAS法、リガメント(靭帯)、スプリングアプトス、リボンリフトなど

糸リフト(スレッドリフト)

内容 皮膚などは切らずに極細の糸を肌に挿入した刺激によってコラーゲンを増やしリフトアップします
種類 Nコグリフト、リードファインリフトなど
備考 溶ける糸と溶けない糸があります

レーザー

IR(赤外線)、RF(高周波)、電気エネルギーなどによって線維芽細胞が増えて活性化、真皮層のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やします。

様々なマシーンがあり、それぞれ特徴が異なります。

レーザーマシン

ポラリス

内容 ダイオードレーザーと高周波(RF)を組み合わせたマシーン
即効性 あり
痛み 少ない
施術回数 4~6週間ごとに1回、5回程度の治療が必要
ダウンタイム ほとんどなし
特徴 電気エネルギーの刺激でコラーゲンの生成を活性化させます
備考 効果はマイルドで、肌のハリ・弾力をアップする程度

ジェネシス

内容 米国FDAの承認を受けた安全性の高いレーザー機器
即効性 効果は緩やか
ダウンタイム なし
施術回数 2~6週間ごとに1回、5回程度の治療が必要
備考 「ロングパルスNd:YAGレーザー」の電気エネルギーの刺激でコラーゲンの生成を活性化させます

スキンタイトニング

内容 IR(赤外線)とRF(高周波)を組み合わせたマシーン
即効性 高い
痛み ほとんどない
ダウンタイム なし
備考 IR(赤外線)とRF(高周波)の熱作用でコラーゲン線維を収縮させ、コラーゲンの生成を増やします

フラクショナルレーザー

特徴 皮膚にドット状に小さな穴を開け、それを修復しようとする再生能力が成長因子の放出し、線維芽細胞の活性化が行われます
ダウンタイム 3日程度
備考 フラクショナルによる皮膚再生治療と、RFによる引き締め治療を組み合わせた「フラクショナルRF」というマシーンもあります

他にも下記のような種類があります。

  • SFR:従来のRF(高周波)機器のデメリットを克服した2チャンネル・フラクショナル照射方式
  • MFR:マイクロニードルを使用し、痛みを伴わずに肌の内側にフラクショナルを照射する

ウルトラセル

内容 2種類の高周波(イントラセル、イントラジェン)を照射
特徴 HIFU(高密度焦点式超音波)をピンポイントで照射して、皮膚の最深部(SMAS層)にあるSMAS筋膜を加熱しリフトアップ。2種類の高周波(イントラセル、イントラジェン)がコラーゲン線維を収縮させて、肌を引き締めます
ダウンタイム なし
痛み 少ない
効果の持続 約6ヶ月間
備考 ウルセラとは別のマシーンです。HIFU(高密度焦点式超音波)マシーンには、ウルトラセルより痛みが少ない「スマスセラ」もあります

サーマクール CPT

内容 高周波を照射
特徴 高周波によりコラーゲン線維を収縮させて、肌を引き締めます
痛み ほとんどなし
ダウンタイム なし
効果の持続 約6ヶ月間
備考 軽度のたるみやシワに向いています

他の高周波を使ったマシーンは、「イントラジェン(GFR)」「テノール」「スカーレットRF」などがあります。

どのタイプのマシーンが最も効果があるかは、その人の状態によって異なりますので、無料カウンセリングなどを利用して最適な治療方法を医師と相談するのがベストです。

高周波を使ったマシーン

再生医療

レーザー以上に効果があり安全性が非常に高いということで、最近、大変注目を集めているのが再生医療です。

PRP皮膚再生療法(多血小板血漿注入)

  • 自分の血液から抽出した多血小板血漿を保管しておき、定期的に注入しなおすことで肌の若返りをはかります
  • じっくり効果が現れるので急激な変化で周りに気づかれるデメリットもありません
  • 自分の血液が原料なのでアレルギーがないというメリットもあります

脂肪由来幹細胞移植(セリューション)

  • 自分の体の脂肪を採取し、脂肪組織由来幹細胞を抽出、それを顔の凸凹部分に注入することでハリのある肌に戻します
  • PRP皮膚再生療法と同じく、アレルギーがないというメリットがあります

まとめ

美容皮膚科でのたるみ、しわ治療にはいろいろな方法がありますね。

即効性を求める中でも、料金やダウンタイムのあるなし、痛みの度合いなどで選択する施術方法は変わってくるものです。

何より、詳しい内容や、自分の肌状態に合った治療がどれなのか、理解している人はほとんどいないと思いますので、まずは無料カウンセリングなどの制度を利用して、医師に相談することが必要です。その上で、提案された治療内容をじっくり検討するというのがベストではないでしょうか?

結果的に、「自分でケアすることにしよう」という結論を出しても良いですし、幾つかの美容皮膚科のカウンセリングを受けるのも良いですね。

一番の目的は、「たるみやしわを解消して、肌のハリを取り戻す」ということですから、この目的を実現できる方法を選ぶのが一番です。

もちろん、即効性ということを求めるのであれば、美容皮膚科がベストの選択なのは間違いありません。

たとえば、初回来院は相談無料の川崎中央クリニックは、様々な治療方法が用意されていますし、その全てを担当する南部正樹院長が最適な治療方法を提案してくれます。

多くの治療方法を行っているからこその知識と技術で、たるみやしわ改善をサポートしてくれるクリニックです。

川崎中央クリニック・相談無料

その他、「THE CLINIC」でも無料カウンセリングを受付中です。

THE CLINIC

投稿日:

Copyright© 肌のハリを回復!40代のための基礎化粧品 , 2019 AllRights Reserved.